能あるオーガは角を隠す

能あるオーガは角を隠す

能あるオーガは角を隠す

ストーリー

”勇者の男”の転生先は……美しい”ハーフオーガの娘”だった!?

魔王と相討つ形で死んだ勇者の男は、死の淵で魔王にある”呪い”をかけられる。その”呪い”とは勇者をオーガと人間の混血。ハーフオーガの娘「ラーマ」として輪廻転生させるものだった。 ―その後16年の月日が経った。オーガの村に転生したラーマは、その出自故の差別や偏見に苛まれながらも、元勇者としての経験を生かしてオーガの村に収まらないほど成長していた。そんな彼に目を付けた村長よりある命令が下される。その命令とは、ラーマを新たな「魔王候補」としてオーガの村から選抜する、というものであった……。 ”人”と”オーガ”との間で揺れ動く元勇者を描く、本格異世界ファンタジー。開幕!

7月1日発売の新刊