異界心理士の正気度と意見 1

―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―

  • 異界心理士の正気度と意見 1―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか― 書影

人間は怪異を欲している。

2013年、江ノ島に邪神が上陸した。鎌倉周辺は狂気に沈み、“異界”と呼ばれる特異地域と化している。誰もが狂気に陥るなか、専門の心理士だけが正気を保とうとする人々の救いだった。女性心理士・間宮純(まみやじゅん)は危険な仕事をしている自覚がありながらも、怪異に魅せられつつある自分を否定出来ないでいた。純はとある事件をきっかけに無免許にして最高の心理士、島野偃月(しまのえんげつ)と出会う。異界に住み、怪異と対峙し続ける男に純が惹かれていくのは必然であった。邪神と狂気に陥る人々が織りなす本格怪異譚。

電子版販売サイト

紙版販売サイト

シリーズ既刊一覧

おすすめシリーズ